晴海はればれDAYS ココロとカラダが晴れわたる毎日を

Interview 05 窓の外を見ると景色がとてもきれいなところが晴海トリトンスクエアの好きなところですね。 眺めているだけでも気持ちがいいです。 晴海で働く人 サントリーマーケティングコマース 宮下茂さん

クリスマスとバレンタインに開催され、ご好評いただいたJAZZ NIGHT with WINE。そのイベントにワインの試飲販売として出店していただいたカーヴ・ド・ヴァンというワインショップをご存知ですか?
そのカーヴ・ド・ヴァンのオンラインショップ業務をご担当され、自身もソムリエの資格を持つ宮下さんに今回はお話を伺いました。

食事という空間を楽しむフランス料理はとても新鮮で惹かれました

ワインショップ カーヴ・ド・ヴァンは、オンラインショップと大阪に実店舗があります。
もともと私は店舗で働いていたのですが、今はオンラインショップの業務を担当しています。

ワインの世界で働き始めたきっかけは、私の学生時代に友人が調理師の専門学校に通っていて、その時一緒にフレンチレストランに連れて行ってもらったことです。
初めてのフランス料理のコースだったのですが、それぞれのお食事に合わせてワインが一緒に出てきたことに驚きました。
飲み物も食べ物も含めて食事という空間を楽しむフランス料理はとても新鮮で惹かれましたし、感動しました。
私たちが慣れ親しんだ日本の料理とは異なる部分が多いですよね。

また、私が持っているソムリエという資格はハードルが高そうなイメージがあるかと思うのですが、実は日本はソムリエの数は世界一なんです。
日本人はみなさん資格が好きですからね(笑)
1年に1回筆記とテイスティングとサービスの試験があって、それを合格できるとはれてソムリエの資格を得ることができます。合格率は3割くらいですね。

カーヴ・ド・ヴァン オンラインショップはコチラ>


まずは何でも飲んでみることにしています。
いろいろ試していくうちに
きっとぴったりのワインが見つかると思います。

今は、スーパーやコンビニに行くとワインの品揃えが豊富ですよね。
私が仕事を始めた15,6年前はコンビニやスーパーには今ほどたくさんの種類はなかったですね。
私もスーパーで売っているような安いワインから高いワインまでまずは何でも飲んでみることにしています。
今、日本に入ってきているワインは一定のクオリティのあるワインばかりですから、みなさんも気になるワインがあればとりあえず飲んでみるといいのではないでしょうか。
一般的に言われるようにワインと一口に言っても人によって好みが分かれますからね。
いろいろ試していくうちにきっとぴったりのワインが見つかると思います。
特に辛口の白ワインは日本人の味覚に比較的合うのでより挑戦しやすいと思います。
今から春に向けてあたたかくなってきますが、辛口の白ワインをよく冷やして飲むと本当にさっぱりとしていて気分が高揚します。
どんなお料理にも合わせやすいですしね。
「お肉には赤」「魚には白」とよく言いますが、実はそんなに難しく考える必要はないんです。


流行を先取りして是非この春
ロゼワインを楽しんでいただきたいと思います。

今、私がはまっているのは、軽いタイプの辛口白ワインです。
特にイタリアの1,000~2,000円代の白ワインはとても飲みやすくて、お刺身や和食によく合うんですよね。
また、日本ではまだそんなに浸透していませんが、今、欧米ではロゼワインがとても流行っています。
あと1,2年もすればきっと日本でもロゼワインが流行ってくると思ってます。
流行を先取りして是非この春ロゼワインを楽しんでいただきたいと思います。

カーヴ・ド・ヴァンのオンラインショップ内ではセットの商品が人気です。
5~6本のセットでバラエティ豊かなものが特に人気ですね。
先ほど白ワインが日本人には飲みやすいといったのですが、オンラインショップでは実は赤ワインの方が断然売れているんです。


地図の位置づけを見ると
ワインの味がなんとなくわかるんです。

国と生産者によってワインの味が変わります。
実はワイン用のブドウがつくられている産地って決まっていて、緯度で言うと30度から50度くらい。
そのあたりが「ワインベルト」と呼ばれていまして、高緯度の産地は酸味が強く、低緯度の産地は酸味が落ち着いて果実味が強いのが特徴です。
イタリアよりもドイツの方が酸味が強くてさっぱりした味わいのワインが多いですし、チリや南米の暖かい地域だと果実味がタップリとした、やわらかい味のワインが多いです。
地図の位置づけを見るとワインの味がなんとなくわかるんです。
私の好きなワインはやっぱりフランス産ですね。
クラシックな味が好きということもあるのですが、バランスが良く飲みやすいです。
フランスはワインベルトのちょうど真ん中にあたるんですよね。


晴海トリトンスクエアという存在が
とても生活の中に入り込んでいるんだなと思いましたね。

日本酒やビールイベントもありましたが、クリスマスとバレンタインに開催されたJAZZ NIGHT with WINE はとても面白かったですね。
我々もお酒を扱ってるので、食事とお酒を一緒に楽しめる場があるととてもいいなと感じます。

次回はワインに合うチーズやサラミなどのおつまみも一緒に食べれたらより素敵だと思っています。
実際に出店者として参加してみて、晴海トリトンスクエアはとても人通りが多い印象を受けました。
今まで朝と夕方の通勤退勤の時間帯だけ見てきましたが、こうしてみると晴海トリトンスクエアという存在がとても生活の中に入り込んでいるんだなと思いましたね。


仕事が忙しい時もこの素敵な光景に癒されています。

まだ晴海トリトンスクエアにきて2年しか経ってないのですが、ふと窓の外を見ると景色がとてもきれいなところが晴海トリトンスクエアの好きなところですね。
特に夜景がきれいで、スカイツリーや東京タワーを見ることもできるんですよ。
ビル群があって、下に川があって、緑が見えて、スカイツリーが見えて、東京タワーが見えて…。
仕事が忙しい時もこの素敵な光景に癒されています。

お昼はお弁当が多いので屋内で食べることが多いのですが、たまに外に出て食べると気持ちがいいですよね。
オフィスが上層階なのでなかなかお庭に出ることはないんですが、外を眺めて食べるだけでも気持ちがいいです。

また、商業施設も充実していてとても使い勝手がいいです。
晴海トリトンスクエア内でイベントがあるととても賑わいますが、イベントがない時でももう少しロビーでくつろげるスペースがあるといいなと思うことがあります。
屋内外にもっとフリーなスペースがあるとみなさんの憩いの場になるかなって。

ARCHIVE

櫻井あゆみさん

INTERVIEW 06

晴海で働く人
トリトン・アーツ・ネットワーク

櫻井あゆみさん

まずは自分で聴いて感動し、皆さまに聴いてほしいと思った音楽を提供しています。

宮下茂さん

INTERVIEW 05

晴海で働く人
サントリーマーケティング&コマース

宮下茂さん

窓の外を見ると景色がとてもきれいなところが晴海トリトンスクエアの好きなところですね。眺めているだけでも気持ちがいいです。

高橋泉さん大川純子さん中村夕子さん

INTERVIEW 04

晴海で働く人
トリトンガーデナー

高橋泉さん、大川純子さん、中村夕子さん

晴海トリトンスクエアのお庭を見て、季節の訪れを感じてくれたらうれしいですね。

市川伊美さん

INTERVIEW 03

晴海で働く人
デアゴスティーニ・ジャパン

市川伊美さん

晴海トリトンスクエアで働いている方やご縁のある方がハメを外して楽しんでいる姿を見ると嬉しくてたまりません。

M・Aさん

INTERVIEW 02

晴海で働く人
M・Aさん

すべてが揃う場所・晴海トリトン。働く場所としては最高かもしれません。

富士登山隊長さん

INTERVIEW 01

晴海で働く人
富士登山隊長さん

「ひとつの街の移り変わり」を見られるのが変化のある街・晴海で働く楽しみのひとつです。