晴海はればれDAYS ココロとカラダが晴れわたる毎日を

REPORTレポート

今年で17回目の開催!
「フラワーカーペット晴海2017
芸術の花絨毯
―名画と音楽の融合―」

2017.10.14-17


2001年からはじまり、17回目の開催となる「フラワーカーペット」
今年は、「芸術の花絨毯」と題して、「名画」を花びらで創り上げ、「音楽」を使ったアトラクションを実施いたしました。

いつものグランドロビーが、花と音楽で彩られる、
見て、聴いて、楽しめるフラワーカーペット、たくさんの方にご来場いただきました。

◎開催期間:10月14日(土) ~10月17日(火)
◎開催場所:晴海トリトンスクエア 2F グランドロビー
◎主催:フラワーカーペット晴海2017実行委員会、晴海トリトンスクエア
◎協賛:中央区
◎協力:住友林業緑化株式会社

*特別イベント①
「オープニングセレモニー」

10月14日(土)15:00~、開会宣言やテープカット、中央区立晴海中学校吹奏楽部によるオープニング記念演奏会。

*特別イベント②
「グランドフィナーレ」

10月17日(火)18:00~、プロのミュージシャンによる生演奏会やお花販売会。

晴海はればれDAYSでは、フラワーカーペットの制作段階から開催模様までレポートしました!

総勢200名で行う、
フラワーカーペット制作!

10月14日。晴海エリアの地域の方々と一緒に、約200名でフラワーカーペットを創り上げました。
朝からお集まりいただきありがとうございました!

大きな大きなフラワーカーペット制作は、花絵ごとに4つのグループに分かれて、 まずは、下準備となる「花むしり」からスタートします。
スタッフに教わりながら一つ一つ手でむしっていきます。

「花むしり」の次は、
「アウトライン」作り

下絵のラインに沿って、カラーサンドで花絵の輪郭を描いていきます。
カラーサンドは、のりでしっかりと固定。
小さなお子さんも、お母さんやお父さんと一緒に、丁寧に作ってくれました。

ようやく、花びらを配置する
「花絵制作」

アウトラインの準備が終わったら、はじめにむしった花びらを絵のデザインに合わせてレイアウトしていきます。
花びらのほかに、「ドラセナ」や「ヒバ」というグリーンも一緒に配置します。

完成まであとすこし!

朝からはじめたフラワーカーペット制作も、残りわずかで完成です!
4つの名画のほかに、今回砂で構成された砂絵制作も順調!

フラワーカーペット完成!
オープニングセレモニーの
はじまりです!

完成後、早速、オープニングセレモニーがスタートし、テープカットや記念演奏会を行いました。
中央区長や中央区観光大使の方々もご来場いただき、晴海中学校吹奏楽部の演奏により、会場は盛り上がりました!

10.14-10.17
フラワーカーペット晴海2017
たくさんの方に
ご来場いただきました!

晴海トリトンスクエアで働く人も、晴海エリアにお住まいの方も、遊びに来た方も、フラワーカーペットの大きさ、綺麗さに圧巻のようでした。

今回のテーマ「芸術の花絨毯-名画と音楽の融合-」とあるように、今年は、「花絵の前を通ると、それぞれの名画に合った音楽が流れる」仕組みがあったのをご存知でしょうか?

モナ・リザでは「J.S.バッハのG線上のアリア」、ゴッホでは「ベートーヴェンの運命」、フェルメールの前では「ショパンの別れの曲」、東洲斎写楽では「平調 越天楽」が流れ、いつものグランドロビーが、花と音楽の世界に包まれました。
みなさんは、どの楽曲がお好みでしたでしょうか?

10.17 フラワーカーペットも
いよいよ最終日!
グランドフィナーレです!

会期中はあっという間で、とうとう今年も最終日となりました。
約200人で創り上げたフラワーカーペットがなくなってしまうのは、はればれDAYSのスタッフも少し寂しく・・
最後は、プロの演奏家によるコンサートと、お花販売会を開催!
クラシックから最近のポップスまで様々な曲で盛り上がり、会場が一体となりました。

今年のフラワーカーペット晴海は、「芸術の花絨毯-名画と音楽の融合-」
4日間の開催でしたが、みなさんいかがでしたでしょうか?
お花と音楽のコラボレーションにより、癒やし・安らぎを感じ、少しでもココロがはればれとなっていただけたらいいなと、はればれDAYSは想っています。

来年のフラワーカーペット晴海にも、乞うご期待ください。